中国語の必要性について

オンライン中国語教室比較サイト
オンライン中国語 > 中国語の必要性
MENU
中国語の必要性について

中国語と英語、どちらが大事?


中国は近い将来アメリカを抜き世界最大の経済大国になるであろうと言われています。


そのように中国が発展していくと共に世界中の国々との取引が増し、中国語の必要性がさらに出てくることは間違いないでしょう。


しかしながら、中国語の必要性がいくら増してくるといっても、英語の必要性がなくなるわけではありません。


というのは、中国語は中国本土、台湾、香港、シンガポールなど世界的に見ればごく一部の国でしか使われていないからなのです。


英語が必要となる地域もアメリカ、ヨーロッパだけではなく、今現在もそうであるように世界の共通語としての英語は、更に拡大されていくに違いありません。


中国同様に経済発展しているインド、資源国として注目を集めている南アフリカなどを考えると、ビジネス上では英語の方が必要になってきます。


また、中国には世界各国の企業が進出しており、業種によっては日本以外の外資系企業と一緒に仕事をする可能性がありますので、そのような場合にはには中国にいても英語の方が必要になってくることも考えられます。


中国語はビジネス上ますます重要な言語になってくることは間違いありませんが、それによって英語の必要性が低くなる事はなく、今後どのような時代変化があろうと英語が不必要になることはありえないでしょう。


 

英語嫌いは中国語をマスターするチャンス?!


何はともあれ今後中国語の需要が増してくることは間違いありませんので、中国語をマスター出来れば、就職をはじめいろいろな面でチャンスを得ることにも繋がります。


ところで日本人の場合、中学校から全員が英語を勉強させられますが、途中で挫折したり嫌いになって勉強を止めてしまう人も少なくありませんよね。


また、英語の勉強を途中で挫折してしまった人が、第二外国語で、しかも日本語とは漢字という共通点がある中国語の勉強を始める人も少なくないそうです。


一度英語で挫折して英語にいいイメージがない人であっても、もし中国語をマスター出来れば、今度は逆に中国語を身につけた方法を英語に応用して、リベンジする事が出来るかもしれませんね。


 

中国語は就職にとても有利!


現状では一時期の就職難から考えればそれほどではないにしろ、リストラされた人や中高年の転職希望者などから見ると、就職や転職できる企業を探し実際に再就職するとなると至難の業といっても過言ではありません。


しかしながら最近の求人情報を眺めていると、中国語サイトの翻訳や通訳など中国語に関する求人が非常に増えてきたと思いませんか?


日本人は英語が苦手といっても、中国語が出来る人数と比較するとかなり多く、中国語の出来る日本人としてはかなり人材不足ということになるようです。


このサイトで紹介しているオンライン中国語教室の講師を見てみると、日本語能力検定の資格をもっていたり、日本語での会話OKという人がほとんどですよね。


将来的には日本語と中国語間の通訳や翻訳などの業務に関する需要がますます増えてくる事は間違いないと思いますが、このままではそのような仕事は全て中国の人に取られてしまう様な勢いではないでしょうか。


仕事上以外でも今後ますます日中間の交流が日常的に行なわれるようになったときのためにも、中国語の出来る日本人の数が少しでも増えていく事を願いたいと思います。


 

 

*当サイト内の情報につきましては万全の注意を払っていますが、その内容について100%保証するものではありません。 なお、当サイト内の情報から生じたいかなる損害に対しても何ら責任を負うものではありませんので、ご自身の責任の元で御利用下さい。

Copyright (C) 2008 オンライン中国語教室比較サイト All Rights Reserved.