中国に関する基礎知識

中国語を学ぶにあたって、まずは中国に関する基礎的な知識を身につけておきましょう。

 

中国は皆さんご存知の通り、アジア大陸の東部、太平洋の西海岸に位置しており、陸地面積は約960万平方キロで、ロシア・カナダに次いで世界で3番目の大きさです。

 

中国の行政区分は23の省、5つの自治区、4つの直轄市、および2つの特別行政区から成り立っています。

 

また中国は世界一人口が多い国で、総人口は13億人に達しています。(中国国家統計局2006)

 

中国のネット人口については、2007年12月末で2億1000万人に達し、現在アメリカに次ぎ世界第2位となっていますが、2008年の早い時期に中国がトップになるという見通しが出されています。

 

更に中国には全部で56の民族があり、最大の民族は漢族で人口の92%を占め、その他の55の少数民族が残りの8%を占めています。

 

少数民族のうち最大の少数民族はチワン族が1,600万人、続いて満族が1,000万人、回族が900万人となっています。

 

一般事情

■面積:960万平方キロメートル(日本の約25倍)

 

■人口:13億1,448万人(中国国家統計局2006)

 

■首都:北京

 

■人種:漢民族(総人口の92%)、55の少数民族

 

■言語:漢語(中国語)

 

■宗教:仏教・イスラム教・キリスト教など